家族みんなが大満足!正しい自然素材の家のつくり方

HOME » 知っておきたい 自然素材の家づくり講座 » 天然素材が生きる工法とは

天然素材が生きる工法とは

自然素材の家づくりに適した工法について詳しく解説していきます。

自然素材の家づくりに適した在来軸組工法

在来軸組工法とは、木材を使用した土台と柱・梁・筋交いなどで軸を組んで組み立てる、日本の伝統的な建築工法です。

海外から輸入された2×4住宅は壁や床などの「面」で構成されているのに対し、在来軸組み工法は柱・梁などの「線」で構成されているのが特徴。高温多湿な日本の風土に合わせて生み出されたこの工法は、「空気が通う家」を作るのに最適です。

家の耐久性を下げる結露の問題も、在来軸組工法を採用することで防ぐことが可能です。

設計の自由度も高く、強度や耐震性も◎

この他にも、設計の自由度の高さも特徴の1つです。柱や梁で構成されているため、組み方や長さを変えるだけで簡単に形を変えることが可能。実際の工事に入ってからも柔軟に設計を変更できるため、細部までこだわった家を作ることができます。

また、壁の配置にも制約がないため、風通しが良く日当たりの良い間取りを作れることも人気のヒミツ。将来的なリフォームや増築も容易です。

さらに、強度・耐震面でも安心。在来軸組工法の土台・柱・梁などを基本とした構造は、上からの重量や横からの揺れにも強いのです。近年では、各種補強工法等も普及し、より強度・耐震面での安全性も高くなりました。

デメリットは、工期が長くなってしまうということ。また、非常に高度な技術が必要となるため、大工や職人の腕に仕上がりが左右されてしまうことも挙げられます。在来軸組工法で住まいを建てるときは、確かな実績を持つ業者に依頼することが大切です。

呼吸する自然素材の家をつくる通気断熱WB工法

通気断熱WB工法とは、古くからの在来軸組工法に最新の技術を組み合わせた工法。Wとはダブルの通気層、Bはブレス(呼吸)を指します。

壁を透湿材で仕上げることで調湿機能を高め、室内の余分な湿気や有害物質を排出。壁と断熱材の間に通気層を設けることで、「呼吸する家」を実現させました。

室内のどこにいても空気の流れを感じられる通気断熱WB工法は、シックハウス対策や結露対策としても非常に有効です。

夏は涼しく、冬あたたか

また、通気性が良いので夏は涼しく、断熱性が高いので冬は暖か。生活内でかかる電力を極力抑えることができ、省エネ住宅としても優秀です。

本来、通気性と断熱性は相反するものであり、両立は難しいとされてきましたが、通気断熱WB工法ならそれが可能。一年を通して快適な住環境を実現させます。