家族みんなが大満足!正しい自然素材の家のつくり方

HOME » 知っておきたい 自然素材の家づくり講座 » 木材~自然素材の種類と特徴

木材~自然素材の種類と特徴

杉・ヒノキ・パイン材など、住宅に使用される人気の無垢材について、種類や特徴をまとめています。それぞれの木材のメリット・デメリット、価格の傾向についても触れていますので、参考にしてみてください。

自然素材の住宅に使用される無垢材の種類と特徴

自然素材の家に使用される無垢材にはさまざまな種類があり、それぞれに特徴があります。どのような雰囲気の住宅にしたいかによって選ぶ素材が変わって来ますので、自分のイメージに合ったものを選ぶことが大切です。

スギ(杉)

軽くて軟らかく、肌触りが良いのが特徴。スギは細胞間の空隙が大きいため多くの水分を吸収でき、調湿作用に優れた素材です。素足へのなじみが良く、衝撃の吸収性も高いため、リビング・寝室・子供部屋などのフローリング材として最適。

デメリットとしては、柔らかいので傷つきやすいことが挙げられます。傷を気にする方は、杉よりも固めのヒノキや松などの素材がおすすめ。価格も安価で人気があります。

ヒノキ(桧)

杉よりも重くて硬く、木肌が白いのが特徴。水や白アリ、腐朽菌に対しても強いため、キッチン・洗面所・トイレなどの水回りへの使用が可能。ヒノキ独特の香りにはリラックス効果があるため、とくに浴室に使用されることが多くなっています。

また、硬くて傷が付きにくいので廊下や玄関にも適していますが、温度を吸収したり衝撃を吸収するのはやや苦手です。高級素材なので価格は高め、部分使いがオススメです。

パイン(松)

マツ科のパイン材は、欧風住宅などに良く使用される素材。イエローパイン・ホワイトパイン・ポンデロッサパインなど、さまざまな種類があり、独特の木目が特徴的です。比較的柔らかくて温かみがあり、熱や衝撃を吸収するので住宅素材としては最適。

ただし、傷がやや付きやすいです。価格は一般的に安価ですが、節目のないものやレッドパインは高価。

バーチ(カバ桜)

バーチ材は、カバヒノキ科の樹木です。真っすぐな木目でクセがなく、白い光沢が特徴的。どんな住宅にも合わせやすい素材となっています。水に強く、強度もあるのでフローリングや家具材として使われることが多いようです。

硬さはヒノキと同程度、衝撃の吸収性も高めです。耐朽性はやや劣りますが、全体的に欠点の少ない素材です。価格も手ごろで人気。

オーク(ナラ)

日本では、ナラ材として知られる木材です。ウィスキーやワインの樽、船材としても使われるほどの高い耐水性が特徴。硬くて重厚、ハッキリとした木目で無垢材らしさを十分に味わえます。

傷が付きにくいので、フローリングに使われることが多いようです。色によって多少値段は違いますが、平均してリーズナブル。

天然木・無垢材にこだわった家を建てるならこの会社!BEST5>>