家族みんなが大満足!正しい自然素材の家のつくり方

HOME » 自然素材の家を建てる4大メリット » ぬくもりと風合いを楽しめる

ぬくもりと風合いを楽しめる

無垢材や土などを用いた天然素材の家が持つ独特のぬくもりや経年美の楽しみ方について解説しています。

天然素材の家ならではのぬくもりと経年美

天然の木や土などを使ったの家の魅力は、何といっても自然素材ならではの優しさ。例えば、天然の無垢材を使ったフローリングの肌触りはサラッとして柔らかく、ついつい裸足で過ごしたくなる気持ち良さ。使用する木の種類によって肌触りは違ってきますが、どれも独特のぬくもりを感じられます。

また、木の木目や色合いは程よい光沢で目に優しく、眺めているだけで気持ちを落ちつけてくれる効果もあるのです。

月日が経つにつれて色が変化していくのも自然素材の家の魅力。初めは白っぽく感じた木は太陽の光で次第に飴色に変化し、独特のツヤも出て来ます。自然素材の家を選ぶ方は、生活の中でついたキズや経年変化を「素材の味」「味わい」ととらえ、メンテナンスも1つの楽しみと考える方が多いようです。

子供を安心して育てられる自然の住まい

自然素材を使った住まいには、子供たちの五感を刺激し、感情表現を豊かにする効果もあります。無垢材や漆喰、和紙などの香りや触り心地は、工業製品にはマネのできないもの。自然のニオイや触感を「気持ちがいい」「心地よい」と感じることは、情緒の安定に繋がることも明らかになっています。

また、自然素材は衝撃の吸収性にも優れているため、転倒時のケガの危険性も少ないのが特徴。柔軟に衝撃を吸収してクッションのような役割をしてくれるので、育ち盛りの活発な子供たちを安心して遊ばせることもできます。そのため、子供の身体や心をのびのび育てたいと思う方にも自然素材の家は選ばれています。

他にも、適度な吸音作用によって音の反響を防ぐ働きもあります。反響音を吸収してくれるため音がいつまでも響かず、耳に優しい音に調整してくれるのです。子供たちが遊び回っても不快に感じることなく、むしろ心地よさを感じられるのも自然素材の家のメリットです。

自然素材の家のメンテナンス

自然素材の家はメンテナンスが大変そう・・・そんな風に思ってはいませんか?しかし、自然素材だからと言って特別なことをする必要はないんです。ただ、使用する素材によってメンテナンス法は異なりますので、以下は参考程度にご覧くださいね。

  • 床・フローリングのお手入れ
    掃除機やほうきでホコリやゴミを取り除きます。拭き掃除をする場合は、乾拭きが基本。水を使う場合は雑巾を固く絞り、拭いた後の乾拭きを忘れずに。布袋に乾燥させた茶ガラやぬかを入れて磨くと、適度な油分がプラスされていいツヤが出ます。
  • フローリングのへこみ・傷の修復
    少しくらいのへこみや傷は、スチームアイロンと湿った布で直せます。直したい部分に湿った布を当ててアイロンをかけることで、木が膨張してへこみが改善されます。膨らんだ部分をサンドペーパーなどで整え、必要があれば塗装をして完成です。
  • 壁のお手入れ
    珪藻土の壁についた手垢や鉛筆などでの落書きは、少しの汚れなら消しゴムで消えます。メラミンスポンジに水を含ませ、固く絞ってから使うのも有効です。
    ただし、どちらも力の入れ過ぎにはご用心。漆喰の壁の汚れは、サンドペーパーで表面を削ればOK。しかし、こちらも削りすぎは厳禁なので、ひどい汚れの場合は施工店に相談を。