家族みんなが大満足!正しい自然素材の家のつくり方

HOME » 東京・神奈川の自然素材の家こだわりセレクション » 庭の四季を楽しめる濡れ縁の家

庭の四季を楽しめる濡れ縁の家

四季の庭を濡れ縁から楽しむ、緑豊かな自然素材の家の施工例を紹介します。

ヒノキで仕上げた外観外観

「そとん壁」とヒノキで仕上げた外観は、木立の中に溶け込むくらいに自然な趣きです。「そとん壁」とは、九州に多く分布しているシラスを原料とした自然素材。環境にも優しく、優しい風合いが魅力となっています。

植栽も建築業者に依頼したため、建物と植物のバランスが絶妙です。

リビング、キッチン 

ダイニングは、キッチンとテーブルが並列して家事動線もバッチリ。床・柱・テーブル・キッチンは、すべて無垢のヒノキで作られています。ヒノキは、美しい木目と香り、柔らかな手触りが特徴。テーブルやフローリングなど、肌に触れやすい部分に使用すると、高い癒し効果が得られます。

無垢のヒノキで作られたダイニング 無垢のヒノキで作られたキッチン

オープンなキッチンから見渡せるリビングには、床暖房を採用。木のぬくもりが心地よく、冬でも暖房は使わなかったとか。大きな窓で風通しが良く、湿気もこもらないので夏もエアコン要らず。自然素材の家に住んでから、省エネ・エコへの関心も高まったのだそう。

濡れ縁

濡れ緑窓の外には、昔ながらの日本の趣きを感じる濡れ縁。庭の緑を見渡しながらのんびりしたり、春先にはゴロンと横になってうたた寝したりと、楽しみ方は自由自在。庭に設置したバーベキューコンロでは、アウトドア気分でおうちレジャーを楽しむことが可能です。

自分の好きなもの、楽しいアイデアをふんだんに盛り込めるのも、注文住宅ならではの魅力です。

趣味を楽しむ部屋

趣味を楽しむ部屋趣味を楽しむ部屋は、2部屋に分割できる可変性のある間取りを採用しています。壁には、CDやレコードをピッタリ収めるための棚を造作。ライフスタイルに合わせた自由度の高いデザインは、木造軸組工法ならではのメリットです。

他の工法に比べると多彩なプランに対応できるため、レイアウトやリフォーム、増改築もしやすいのが特徴。ただ、木造軸組工法は施工する職人さんの技術に仕上がりが左右されるため、信頼のおける業者に依頼することが大切ですね。

この自然素材の家をつくった会社はこちら>>